MENU

永久脱毛の定義

永久脱毛の定義は?脱毛サロンの脱毛は永久じゃないって知ってた?

身体に生えている毛というのは表面上に見えている黒い毛が毛幹と呼ばれ、皮膚の下に隠れている毛をまとめて毛根と呼ばれています。

 

この毛根部分にも、部位が分かれており、毛根は皮脂腺や立毛筋などと繋がっているのですが、そのずっと奥の部分に毛乳頭という部分があります。

 

この毛乳頭という部分の周りには毛母細胞というのがあり、この毛母細胞が毛細血管という所と繋がっている部分で、栄養を吸収し、毛を成長させている部分になります。
つまり永久脱毛の定義というのはこの毛母細胞を破壊する方法になるのです。

 

この毛母細胞を破壊できるのは医療用レーザーと言われる医師にしか扱う事の許されていないレーザーです。
医療レーザーを扱うことのできるのは医師のみと決められていますから、美容外科や皮膚科などでしか永久脱毛は行えないのです。

 

永久脱毛を望むのであれば皮膚科や美容外科などで行っている医療レーザー脱毛というのを選ぶと良いですね。
エステティックサロンや脱毛サロンなどで行っている永久脱毛というのは、多くがフラッシュ脱毛という脱毛法であり永久脱毛ではないのです。

 

永久脱毛の特徴

たくさんの種類のレーザーがありますが、それぞれに特徴があり、有効とされる用途も異なってきます。

 

永久脱毛として使用されている医療用レーザーはアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、ヤグレーザーなどで、どれもアメリカのFDAという所から「永久減耗」の承認を受けたものです。
これらのレーザーを使用するには必ず医師免許が必要ということが厚生労働省によって決められているので、医師の在籍しないエステサロンなどでこれらのレーザー機械を使用しているエステサロンや脱毛サロンがあれば、違法行ためを行っているという事になります。

 

永久脱毛を行いたいのであればこれらの医療用レーザーが有効ということになりますが、すべての毛を確実に処理できるか?ということとは少し異なります。
ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーは毛の黒いメラニンという成分に反応して熱を帯び、毛母細胞を破壊するという仕組みになっています。

 

よって、多くのムダ毛に対しては有効ですが、産毛などの薄い毛に対してはメラニンが少ない事もあり、レーザーの熱を帯びないために毛母細胞まで破壊することが難しいのです。

 

永久脱毛の定義は?脱毛サロンの脱毛は永久じゃないって知ってた?

ミュゼプラチナム

永久脱毛の定義は?脱毛サロンの脱毛は永久じゃないって知ってた?

両ワキ&Vライン美容脱毛完了コース

  • 価格:100円(WEB限定今月のみ)
  • 回数:無期限(期限なし)
  • 店舗数:188店舗
ダントツ人気ミュゼは、通い放題でお財布に優しいサロン。 毎回店舗を選べたり当日予約変更やキャンセルもWEBから簡単にでできる通いやすさも人気の理由。 勧誘なし痛みなし!だから脱毛サロンに通う女子の3分の2に選ばれています。

永久脱毛の定義は?脱毛サロンの脱毛は永久じゃないって知ってた?

アリシアクリニック

永久脱毛の定義は?脱毛サロンの脱毛は永久じゃないって知ってた?

月額制の全身脱毛コース

  • 価格:月額 12,000円 → 初月 0円
  • 回数:全身5回
  • 店舗:池袋院/新宿西口院/銀座院/原宿/横浜/船橋
関東に6院を展開しているアリシアクリニックは痛くない医療レーザー脱毛と明朗会計で人気のクリニック。 キャンセル料無料、深夜施術開始で22:30まで受付可能。 医療機関だから肌トラブルも同時に解決。予定に合わせてクリニックが選べる通いやすさも好評の理由です。

永久脱毛の定義は?脱毛サロンの脱毛は永久じゃないって知ってた?


永久脱毛の定義は?脱毛サロンの脱毛は永久じゃないって知ってた?記事一覧

 

クリニックで永久脱毛を行う方法には2種類の方法があります。日本で定められている永久脱毛とは、医療用レーザーを使用した脱毛法か、絶縁針を使用した脱毛法とがあります。美容外科や皮膚科などで両方の脱毛法に対応している所もあれば、医療用レーザーのみ対応している所など各クリニックによって違います。永久脱毛は基本的にどの部位でも全身くまなく行うことができますが、日焼けしている地肌が黒い人は医療レーザーでの脱毛...

 
 

永久脱毛は可能か?ということについてですが、永久脱毛とは一般的には医療用レーザーを使用しての脱毛法を指すと思います。この医療用レーザーの特徴から説明したいと思います。皮膚科や美容外科などで使用されている医療用レーザーにはアレキサンドライトレーザーや、ダイオードレーザーがあります。ダイオードレーザーは1999年にアメリカのFDAから承認を受けているレーザーであり、冷却ジェルを塗布してから脱毛したい場...

 
 

今、肌から生えている毛はおよそ30%程度で、残りの70%は休止期や成長初期にあたり、肌から出てきていない毛だといわれています。永久脱毛で使用する医療用レーザーというのは成長期や成長後期にくっついている毛乳頭、毛母細胞を破壊し、毛の再生をさせない仕組みとなっていますので、休止期などの毛乳頭がない時期には反応することができません。なので、永久脱毛は1回で完了できる訳ではなく、毛の生える周期に合わせて何...

 
 

今は女性だけでなく、男性も永久脱毛を希望している人が多いようですが、永久脱毛のメリットとデメリットとの両方について紹介したいと思います。まずメリットについては、ムダ毛処理を自分でしなくても良くなることですね。一般的なエステサロンや脱毛サロンなどで行っている光脱毛は、厳密には減毛、抑毛であり、永久脱毛という位置づけではありません。しかし、回数を重ねて通うごとに毛の生えてくる毛母細胞を弱らせることがで...

 
 

本来永久脱毛というのは、電気針脱毛・美容電気脱毛の事をさしており、アメリカで130年以上前に生まれた脱毛法です。FDA(アメリカ食品医薬品局)というとても厳しい審査機関に「永久脱毛」と認められているのはこの方法のみであり、永久脱毛を行うには脱毛士という試験の難しい資格が必要となります。脱毛士の試験がとても難しいことや、とても高度な技術を要求される電気針脱毛・美容電気脱毛に変わって新しい永久脱毛法と...

 
 

テレビで見る芸能人の人って皆さん肌がきれいですよね。モデルさんやタレントさん、グラビアアイドルの方なんて肌の露出が多ければ多いほど脱毛には気を使っているかもしれませんね。人前に露出する職業である以上、普通の人以上に肌に気を使うのは当然ですね。ムダ毛がないことで毛穴も引き締まり肌もきれいになります。歌手のGACKTさんって全身を永久脱毛していることで有名ですよね。料金も300万円位かけて行ったという...

 
 

永久脱毛は何歳になったらできるのか?やはり成長が止まる18歳から20歳頃からが適切と決めているサロンやクリニックが多いです。最近では女の子の親が、自分が毛深いからということを気にして子供の永久脱毛を早い年齢からと希望する方が増えています。脱毛サロンでは、中には7歳から脱毛可能なサロンも出てきていますね。永久脱毛を行えるのは医療用レーザーを扱っている美容皮膚科や美容外科、電気針脱毛を扱っている美容皮...

 
 

絶縁針(電気針)脱毛とは、ムダ毛の生えている毛穴に針を刺し電流を流して毛根を破壊する方法です。脱毛士の資格と高い技術を要求されるためにこの絶縁針(電気針)脱毛を行っている所は少ないのですが、永久脱毛として絶縁針(電気針)脱毛は認められています。絶縁針脱毛は1本1本毛穴に針を刺して行っていく脱毛法なので、レーザー脱毛に比べるととても時間がかかるという事と、強い痛みを伴うというデメリットはあります。皮...

 
 

永久脱毛の効果があるとして認められているのは、医療機関でしか扱うことのできないレーザー脱毛、電気針脱毛、エステサロンで扱われている美容電気脱毛のみです。レーザー脱毛は現在は法律で医師がいる所でしか扱ってはならないと定められていますので、医師のいない所でレーザー脱毛と称している所は違法行ためを犯して営業しているサロンなので、行かないように注意しましょう。レーザー脱毛は広い範囲を短い時間で行えるという...

 
 

永久脱毛をした後の毛穴はとても引き締まってきれいになります。永久脱毛とは脱毛した後、1か月経って毛の再生率が20%以下である事がアメリカの食品医薬品局(FDA)で定義づけられています。現在、永久脱毛として認められているのは電気針脱毛・美容電気脱毛だけです。電気針脱毛は医療機関で行っており、美容電気脱毛はエステティックサロンで行っており、130年以上の歴史ある脱毛法です。どちらも脱毛士という難しい資...

 
 

永久脱毛をする時に注意しないといけないのは、肌への影響です。肌が敏感な方にとっては、永久脱毛をしてしまう事で体に悪い影響を与えてしまいます。そもそも人間に毛が生えてくるのは全てにおいて意味があります。紫外線から身を守る為に生えていたり、菌を体内に入れない為に生えていたりとそれぞれに意味があります。その毛を脱毛するという事は、ある意味全身が無防備になってしまうという事です。肌が敏感な方が永久脱毛をす...